blog-image

ライド・オン

ライド・オン(2023年製作の映画)
龙马精神/Ride On

  • 上映日:2024年05月31日
  • 製作国:中国
  • 上映時間:126分
  • ジャンル:アクションコメディ
  • 配給:ツイン

あらすじ

香港映画界伝説のスタントマンと言われたルオ・ジーロン(ジャッキー・チェン)はケガをきっかけに第一線を退き、現在は借金取りに追われながら中国の撮影所に住み込み、愛馬・チートゥとエキストラなどの地味な仕事をこなす日々を送っていた。ある日、チートウの元持ち主であった友人ワン(レイ・ロイ)の債務トラブルが原因で、チートゥが競売にかけられる危機に。困ったルオは疎遠になっていた一人娘のシャオバオ(リウ・ハオツン)を頼る事にする。法学部の学生であるシャオバオは、恋人の新米弁護士ナイホア(グオ・チーリン)を紹介。だがシャオバオは、スタントに入れ込むあまり母と離婚した父を受け入れられずにいた。チートウに惚れ込んだ大企業の総裁で馬好きのホー(ユー・ロングァン)が、チートゥを買い取りたいと申し出るがルオは請け合わない。昔ながらの体を張った危険なスタントに固執する姿に反発したシャオバオとも溝ができてしまう。結局は裁判で負け、チートウをホーに譲る事になったルオ。シャオバオは、仕事にも家族にも命をかけることでしか愛を伝えられない不器用な父の為に愛馬を返して欲しいとホーに懇願するが・・・

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/109191

ジャッキー観るならそりゃ吹替でしょ。と思ってたんですけど、みんなそう思っているせいか逆に字幕版の方が早々に終了しかけていたため、大慌てで観て参りましたよ「ライド・オン(2023年製作の映画)」字幕版!

ひとこと感想

そもそも動物ものでバディものである時点で起きうる事象にすべて想像は付いたものの、涙腺だけはコントロールが全く利かず、終始ハンカチぐしょぐしょでございました。チートウかわいい。

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

マッドマックス:フュリオサ

マッドマックス:フュリオサ(2024年製作の映画)
Furiosa: A Mad Max Saga/Furiosa

  • 上映日:2024年05月31日
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:148分
  • ジャンル:アクション
  • 配給:ワーナー・ブラザース映画

あらすじ

世界崩壊から45年。バイカー軍団に連れ去られ、すべてを奪われた若きフュリオサは故郷への帰還を誓い、MADな世界(マッドワールド)に対峙する——巨大なバイカー軍団、その頂点ディメンタス将軍は可愛い熊の人形を引っさげ改造バイクで絶叫し、さらには、白塗りの兵隊ウォーボーイズたちが神と崇めるイモータン・ジョーは鉄壁の要塞を牛耳り、互いが覇権を争っていた。生き残れるのは狂った奴だけ。怒りの戦士フュリオサよ、復讐のエンジンを鳴らせ!

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/93424

「映画は映画館で観てこそ」ということに確固たる価値を見出した作品といって過言ではない「マッドマックス・怒りのデスロード」、当時一体何回観に行ったかな?と、ざっと思い出せない程度には観倒したまめちちですけども、ついにかの作品につらなる前日譚が公開されるということなので、観に行ってまいりました「マッドマックス:フュリオサ」!!もちろん前作怒りのデスロードでもお世話になったあの音の良い映画館で極音で楽しんできましたよ。冒頭のエンジン音で「あああ…これだ、これ…。」と思わず声が出ましたよね。サイコー。

ひとこと感想

トイレから戻ってきた並びの席の人を通すのにちょっと目をそらした間に、ディメンタスの乳首に何が起きたのか見逃してしまったので、次は見逃すまいと吹替も観たんですが、いつの間にか乳首に何事かが起きており、困りました。あれは何だったの…?でも超面白かったです!

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

タイガー 裏切りのスパイ

タイガー 裏切りのスパイ(2023年製作の映画)
Tiger 3

  • 上映日:2024年05月03日
  • 製作国:インド
  • 上映時間:156分
  • ジャンル:アクション
  • 配給:ツイン

あらすじ

インドの国家諜報機関 RAW では、亡くなった最高責任者シェノイに代わり、女性局長のメナン(レーヴァティ)が指揮を執っていた。メナンはアフガニスタン潜入中のエージェント、ゴーピー(ランヴィール・ショーリー)が危機に陥ったため、タイガー(サルマーン・カーン)に救出を依頼する。タイガーは瀕死のゴーピーを助けヘリに乗せたが、ゴーピーは「二重スパイ」がいる。女性―ゾヤだ」という言葉を残し亡くなる。タイガーは妻ゾヤ(カトリーナ・カイフ)への疑念を胸に帰宅し、少年に成長したジュニアとの 3 人暮らしの日常に戻るが、次の任務でロシアに赴いた時、タイガーを襲ってきたのはゾヤだった! ゾヤは 1999 年に ISI のエージェントだった父をテロで亡くした後、ISI のアーティシュ・ラフマーン(イムラーン・ハーシュミー)をメンターとして組織に加わったのだが、その彼に従わざるを得ない事態が起きたのだった。12 年前にある事件でISI を追放されたアーティシュの目的は、現首相イラニ(シムラン)を暗殺し、軍の指導者と共にパキスタンの全権を掌握することで、そのためにゾヤとタイガーが利用されようとしていた…。

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/112800

タイトル観て「えっ?タイガーってあの…?」とびっくりして大慌てで映画館へ足を運んだのですが、始まるまでてっきり過去の作品の再上映のつもりで座ってたら完全新作で二度ビックリしたまめちちです、こんにちは。そんなわけで観て参りました「タイガー 裏切りのスパイ(2023年製作の映画)」!!

ひとこと感想

マフラー掴まれてタイガーの顔がフェイスオフするまでの展開がもう胸熱すぎて実質勇者ロボだなと思った次第。あと主人公が組織に捕まり絶体絶命大ピンチのシーンだというのに、こんなにも「次に起きるであろう希望に満ちたシーン」に誇大な期待が膨らむ映画もないよなと思いました。大興奮。めっちゃ面白かったー!

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

ゴジラxコング 新たなる帝国

ゴジラxコング 新たなる帝国(2024年製作の映画)
Godzilla x Kong: The New Empire

  • 上映日:2024年04月26日
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:115分
  • ジャンル:アクションアドベンチャー・冒険
  • 配給:東宝

あらすじ

怪獣と人類が共生する世界で、未確認生物特務機関:モナークが察知した異常なシグナル。交錯する<地上世界/ゴジラテリトリー>と<地下空洞/コングテリトリー>。ついに一線を越えるゴジラとコングの激突のその先には、我々人類が知る由もなかった未知なる脅威が待ち構えていた。世界は今、目撃する―。

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/107291

怪獣観るなら極力デカイ画面でというのが作法だと聞いた気がするのでIMAXしてきましたが、キャンペーン終了だったのかそもそも配ってなかったのか、いつものA4ポスターがもらえず、玄関先の額縁はいまだ犯罪都市3のマ・ドンソクのまま変更できず残念に思いつつも「まあコングみたいなもんだし…」と自分を納得させている日々のまめちちですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。そんなわけで観てきましたよ「ゴジラxコング 新たなる帝国(2024年製作の映画)」!

ひとこと感想

ここのところの「人知及ばぬディザスター〈災害〉として神聖視される怪獣像」みたいなものから離れ、ずいぶんお前ら人間味前に出してきたな今回。…とは思いつつも、「穴に入れ!」「いやだ!!」のバトルの挙句ブレーンバスターキメるエジプトでのコングとゴジラの邂逅に、腸ねん転起こすかと思うほどワロてしまいました。いや超おもしろかったー♪

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

ARGYLLE/アーガイル

ARGYLLE/アーガイル(2024年製作の映画)
Argylle

  • 上映日:2024年03月01日
  • 製作国:イギリス
  • 上映時間:139分
  • ジャンル:アクション
  • 配給:東宝東和

あらすじ

凄腕エージェントのアーガイルが世界中を飛び回り、謎のスパイ組織の正体に迫る大人気スパイアクション小説「アーガイル」。ハードなシリーズの作者エリー・コンウェイの素顔は、自宅で愛猫のアルフィーと過ごすのが至福の時という平和主義。しかし、新作の内容と実在するスパイ組織の活動がまさかの一致で、エリーの人生は大混乱に!
物語の続きをめぐり命が狙われる事になった危機的状況をエイダン(サム・ロックウェル)と名乗るスパイに助けられる。
果たして、出会うはずのなかった二人と一匹の猫の危険なミッションの行方は…?!

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/97957

劇場CMで頻繁に紹介されていたので、始まったらばコレは観に行こうと楽しみにはしていたんですが、主人公と思しきスパイを演じるキャラクター、ぶっちゃけ映画始まるまでずっとCGで作られた架空のキャラクターだと思ってましたが、アレ、よく見たらスーパーマンのヘンリー・カヴィルさんですね。やだもう、現実に存在する人じゃんか。あーびっくり。と、そんなわけで観てきましたよ「ARGYLLE/アーガイル(2024年製作の映画)」!

ひとこと感想

ラストシーンのヘンリー・カヴィルとジョン・シナの猛烈なキスシーンが非常に印象に残る映画でした。すごかった。え?してたよね?してなかった?あ、面白かったー!!

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

犯罪都市 NO WAY OUT

犯罪都市 NO WAY OUT(2023年製作の映画)
범죄도시3/The Roundup: No Way Out

  • 上映日:2024年02月23日
  • 製作国:韓国
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:アクション
  • 配給:ツイン

あらすじ

ベトナムでの凶悪犯一斉検挙から 7 年後。マフィアも恐れる“怪物刑事”マ・ソクト(マ・ドンソク)は、ソウル広域捜査隊 に異動し、ある転落死事件を捜査していた。捜査を進めるうち、事件の背後に新種の合成麻薬と、日本のヤクザが関 わっているという情報を掴む。一方、麻薬を盗んだ組織員たちを処理するため、極悪非道な“ヤクザの解決屋”リキ(青 木崇高)が、一条親分(國村隼)の指示のもと密かにソウルへ送りこまれていた。さらに消えた麻薬の奪取を目論む“汚 職刑事”チュ・ソンチョル(イ・ジュニョク)も加わり、事件は三つ巴の激戦に突入、2 人の最強の敵を前にマ・ソクト最大 のピンチが訪れる—!

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/109705

前作からすっかり夢中になっております犯罪都市シリーズ3作目にして最新作ということで、これまた楽しみにしていたので観て参りました「犯罪都市 NO WAY OUT(2023年製作の映画)」!しかも今回は日本から國村淳さんと青木崇高さんが出演ということでこれまた期待大でございます!

ひとこと感想

首絞めようと思ったら首がなく、目ならいけるかもしれないとつぶしにかかったけど瞼もまあまあ筋肉でダメだった展開は、ちょっと面白過ぎて声が出かけました。いや、何でしょうねこの安心感、めっちゃ面白かったー!

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

マダム・ウェブ

マダム・ウェブ(2024年製作の映画)
Madame Web

  • 上映日:2024年02月23日
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:117分
  • ジャンル:サスペンスミステリー
  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

あらすじ

ニューヨーク。救急救命士として働くキャシー・ウェブ (後のマダム・ウェブ) は、一人でも多くの命を救うため日々奮闘していた。ある時、救命活動中に生死を彷徨う大事故に巻き込まれてしまう。それ以来、キャシーはデジャブのような奇妙な体験を重ねるのだった。自分に何が起きているのか戸惑うキャシーだったが、偶然にも出会った 3人の少女たちが、黒いマスクの男に殺される悪夢のようなビジョンを見てしまう。それが未来に起きる出来事だと確信したキャシーは、少女たちを助けることを決意。未来が見えるという不思議な力を使い何度も危機を回避するが、謎の男はどこまでも追ってくる…。男の目的は一体?なぜ執拗に少女たちを追うのか?やがて明らかになる、少女たちの<使命>とキャシーの能力の秘密。少女たちを守る先に、彼女が救うことになる<未来>の正体とは――?

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/107193

ここのところ邦画&劇場版アニメーションと続いており久しぶりの洋画ということで。劇場で見かけるCM以上の情報がないまめちちではございますが、マーベルやアベンジャーズに対する食わず嫌いをどうにかしたい気持ちだけは何となくあるので、せっかくの新作なので観に行ってまいりましたよ「マダム・ウェブ(2024年製作の映画)」。

ひとこと感想

「ペルーは思ってるよりわりとニューヨークから近いところにあるんだなぁ…」という錯覚に陥りましたが、とにかく娘っ子たち3人がずっとワチャワチャしてるのがとってもかわいかったので、面白かったー!

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

アクアマン/失われた王国

アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)
Aquaman and the Lost Kingdom/Aquaman 2

  • 上映日:2024年01月12日
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:124分
  • ジャンル:アクション
  • 配給:ワーナー・ブラザース映画

あらすじ

はるか昔、氷河の奥深くに“失われた王国”が封印された。世界を滅亡させる力を持つ古代兵器、ブラック・トライデントとともに——。しかし今その封印は解かれ、かつてない邪悪な力が解き放たれてしまう。立ち向かうのは、海の生物を操る海底アトランティスの王であり、ユーモア溢れるお調子者、アクアマン。5億の海の仲間とともに、かつてない脅威から海と地上の世界を守れるのか!?

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/94989

「上白石モモア」で面白いこと書いてる人いないだろうかと定期的に検索するくらいにはモモアちゃんのこと大好きなので、年明け早々主演映画で「モモア初め」をキメられる喜びに打ち震えつつ、公開日に駆け込みで字幕、日を改めて吹替の2回戦で観て参りました「アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)」!記憶鮮明だから不要かなとは思いましたが、前作もしっかり予習の上、参戦でございます!

ひとこと感想

今回も「イイ感じになると爆発する」演出が引き継がれててとてもうれしかったですが、アトラン人だから耐えられるのかと思いきや、地上人のシン博士も死ななかったので、この世界はみんな体が丈夫だなぁって思いました。あっ。めちゃくちゃおもしろかったー!

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

エクスペンダブルズ ニューブラッド

エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)
Expend4bles

  • 上映日:2024年01月05日
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:103分
  • ジャンル:アクション
  • 配給:松竹ポニーキャニオン

あらすじ

自らを“消耗品”と名乗る最強軍団<エクスペンダブルズ>を率いるバーニー・ロス(シルベスター・スタローン)はCIAから下された新たなミッションに挑むため、かつての相棒であるリー・クリスマス(ジェイソン・ステイサム)の元を訪ねる。バーニーとともに再び組むことを決意したリーがアジトに足を運ぶと、そこにはかつての仲間だけではなく、新たなメンバーが顔を揃えていた。新戦力を迎えたエクスペンダブルズが挑む今回のミッションは、テロリストが所有する核兵器を奪還すること――もし、失敗すれば第三次世界大戦が勃発しかねない危険なミッションに挑む彼らだが、大きな代償を払うことに…。

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/71775

新年一発目に見る映画となりますと毎年非常に悩ましいものですが(うそです別にそんなことはないです)、毎回多種多様なスーパーアクションスターのめくるめく共演が楽しめる大復活祭でおなじみのエクスペンダブルズシリーズ最新作なんて、みるからにめでたい感じが大変ちょうどよろしいのではないでしょうかということでいってまいりました「エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)」!!ちなみに初日に字幕版を、後日吹替え版を4DXにて観てきました♪

ひとこと感想

「シルベスタスタローンがジェイソンステイサムん家のドアをノックしにくるよなことがあるならもうそれはたいそうなミッションが始まるんだろう」という先入観以前の大前提があるので、正直どんなトラブルがあろうがなかろうがもう「そういうことなんだろうよ」というオハナシでしかないわけですから、何と言いますか、「噛まずに飲める映画」でした。映画初めにはサイコー。おんもしろかったー♪

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE

blog-image

ナポレオン

ナポレオン(2023年製作の映画)
Napoleon

  • 上映日:2023年12月01日
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:158分
  • ジャンル:アクションドラマ歴史
  • 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

あらすじ

1789年 自由、平等を求めた市民によって始まったフランス革命。
マリー・アントワネットは斬首刑に処され、国内の混乱が続く中、天才的な軍事戦略で諸外国から国を守り 皇帝にまで上り詰めた英雄ナポレオン。
最愛の妻ジョゼフィーヌとの奇妙な愛憎関係の中で、フランスの最高権力を手に何十万人の命を奪う幾多の戦争を次々と仕掛けていく。
冷酷非道かつ怪物的カリスマ性をもって、ヨーロッパ大陸を勢力下に収めていくが――。
フランスを<守る>ための戦いが、いつしか侵略、そして<征服>へと向かっていく。

Filmarks-映画情報- https://filmarks.com/movies/111029

歴史の授業で触れた程度で、史実・創作共にあまり触れる機会がなかったので、正直始まるまであんまり興味がなかったんですけど、劇場のCM観ているうちになんだか「観なきゃ」という気になったもんで観てきました「ナポレオン(2023年製作の映画)」。ホアキン・フェニックスとヴァネッサ・カービーってところくらいしかホントにとっかかりがない状態でしたが…、

ひとこと感想

やはり大砲…!!大砲こそすべてを解決する!の勢いが良かったですね。大砲に対する「力こそパワー」論を存分に感じ取れる合戦シーンはなかなかの映像美でした。後半あんま解決できてなかったけど。おもしろかったー!

以下ネタバレ含むよ。

READ MORE